滋賀銀行の店舗

琵琶湖彦根城で有名な滋賀県には、滋賀銀行という地方銀行があります。多くの都道府県には、地元に本店を置く地方銀行・第二地方銀行が複数あるのですが、滋賀県には滋賀県内に本店を置く地方銀行は滋賀銀行しかありません。また、信用金庫や信用組合などの金融機関もありますが規模が小さいため、滋賀銀行は滋賀県民のメインバンクとなっています。

滋賀銀行の前身は、1879年(明治12年)に創設された133番目の国立銀行である第百三十三国立銀行です。今日まで数行の銀行を買収し、合併をしてここまで規模の大きな銀行へと成長しました。店舗数は全国に128店舗あり、その多くは滋賀県内に点在しています。県外は、京都府15店舗、大阪府4店舗、東京都2店舗、愛知県と岐阜県に各1店舗、という状況です。滋賀県内では支店が多いですし、県の指定金融機関になっているので公共料金の支払い先などに指定されていることも多いため、滋賀銀行の口座を開設しておくととても便利です。

それから、ATMサービスも充実しています。滋賀銀行では、イオン銀行とゆうちょ銀行、そしてMICS(ミクス・全国キャッシュサービス)に加盟している金融機関のキャッシュカードが使えます。反対に、滋賀銀行のキャッシュカードをこれらの提携銀行ATMで使うこともできます。イオン銀行ATMは、時間内であればATM手数料が無料になるので、あらかじめ設置場所などのATM情報を得るなどして上手に活用すればお得に取引ができます。

さらに、セブン銀行、ローソンATMやイーネットATMなどのコンビニATMでも利用できるので、銀行窓口まで行く時間がない時などはもちろん、深夜や早朝など銀行ATMの稼働していない時間帯にも取引ができて助かります。また、コンビニATMが設置されているセブンイレブンやローソンなどのコンビニは、ほぼ全国にあるので旅行などで出かけた際にも使えて安心です。それぞれ、取引可能なサービス内容や利用手数料の金額が異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。